• 一般歯科
  • マウスピース矯正
  • 小児歯科
  • インプラント

小児歯科

子供を虫歯から守りましょう

子供を虫歯から守りましょう

子供の歯、乳歯は永久歯にくらべて虫歯になりやすい歯で、そのうえ、いったん虫歯にかかるとどんどん進行します。歯が痛み、食べ物をおいしく食べられなくなるので、かわいいお子様には経験して欲しくありませんね。

お子様のお口の健康を守りたい方は、一度、海老名の歯医者マリポサ歯科クリニックにご相談ください。蝶々がモチーフの親しみやすい歯科医院で、KENGO先生が予防を中心にお子様のお口の健康をサポートします。

お子様の歯の健康はとても大切です

お子様の歯の健康はとても大切です

「乳歯は永久歯に生え替わるから……」と虫歯を放っていませんか? それでは大切な永久歯が虫歯菌だらけのお口の中に生えてきてしまいます。また、虫歯の痛みのせいでしっかり食べないと、お子様の健康や成長にも悪影響を及ぼします。
お子様は自分ではお口のケアはできませんので、親御様がしっかり仕上げ磨きをしましょう。そこに歯科医院での定期的な予防ケアを加えてください。虫歯を未然に防ぐためのメニューをそろえています。

マリポサ歯科クリニックの小児歯科治療の流れ

私たちは小児歯科に力を入れています。まずは痛くない、こわくない予防メニューを中心に歯医者に親しみをもってもらいます。そうすれば口腔ケアが無理なく身につくはずです。そして一緒に、ずっと「虫歯なし」を目指しましょう。

flower toothpaste
  • 1

    1キッズスペースで遊べるよ。

  • 2

    2お名前を呼ばれて、お姉さんがお迎え。 治療チェアに座ってね。エプロンをかけますよ。ママは横にいるよ、一緒だから安心ね。

  • 3

    3まずはお口をチェック。きれいにしましょう。治療前のトレーニングだよ。

  • 4

    4虫歯にならないようにフッ素塗布。

  • 5

    5歯みがきの仕方をママと一緒に習おうね。 

  • 6

    6治療が終わったらごほうびタイム。ガチャガチャ回してね。

  • 7

    7お姉さんとバイバイしましょう。またね。 

  • 11
  • 22
  • 33
  • 44
  • 55
  • 66
  • 77

~KENGO先生が心がけているポイント~歯医者嫌いにさせないように

  • お子様に合わせた接し方

    お子様に合わせた接し方

    お子様が安心するように、気持ちに寄り添います。静かでおとなしいお子様にはゆっくりとやさしく声をかけます。元気で活発なお子様には明るくハッキリと対応しお話します。お子様を観察し、お子様に受け入れてもらえるように接するのでご安心ください。

  • 言葉選びにもポイントがあります

    言葉選びにもポイントがあります

    診療中に口にしがちなのが「痛くないよ」とか「こわくないよ」という言葉です。でもそれは、「痛いかも・こわいかも」と不安をあおってしまいます。「がんばろうね」も、「あれ? がんばらないといけないことをするのかな?」と感じてしまうので注意が必要です。そういうマイナスのイメージを与えないような言葉を使います。これは歯医者さんに来る前には、親御様にも気をつけていただきたいポイントです。

歯医者へ連れて行くタイミング

  • まず親御様と一緒に

    まず親御様と一緒に

    まずは歯医者に慣れてほしいので、親御様の定期検診や治療の際に一緒に連れてきてください。キッズスペースで楽しい時間を過ごしてほしいです。親御様にはご家庭で行ってほしいお子様の口腔ケアについてのお話をします。

  • 1歳半~2歳ごろ

    1歳半~2歳ごろ

    お口の中をチェックします。フッ素塗布などの予防処置は痛くないので安心して受けられます。歯医者さんに慣れてもらう機会です。

  • 3歳~5歳ごろ

    3歳~5歳ごろ

    乳歯の虫歯が進行しやすい時期ですので3ヶ月に1回程度の検診をおすすめします。虫歯になる前なら治療不要です。

  • 6歳~12歳ごろ

    6歳~12歳ごろ

    乳歯が永久歯に生え替わり、どちらの歯も混在しているので虫歯が心配な時期です。毎日の歯みがきの仕方や仕上げみがきのコツをお知らせします。定期検診を受けましょう。

小児歯科メニュー

  • 歯みがき指導

    歯みがき指導

    歯ブラシの選び方や持ち方、動かし方などをアドバイスします。お子様に口腔ケアの習慣をつけてあげましょう。親御様の仕上げみがきのコツもアドバイスします。

  • シーラント

    シーラント

    奥歯の噛む面にある溝は、深くて複雑な形なので汚れがたまり、虫歯にかかりやすい部位です。そこをあらかじめレジン(歯科用プラスチック)で埋めて、虫歯を予防します。

  • フッ素塗布

    フッ素塗布

    歯の表面にフッ素を塗って、虫歯に対する歯の抵抗力を高めます。虫歯予防のためには定期的なフッ素塗布がおすすめです。当クリニックはフッ素塗布無料です。

  • 過剰歯の抜歯

    過剰歯の抜歯

    まれに通常生える本数よりも多く歯が生えることがあります。この過剰歯は、まわりの歯に悪影響を与えやすいので、ほとんどの場合、抜歯します。

  • 食育

    食育

    虫歯にかかりやすい生活習慣があります。虫歯になりやすい食品をご紹介し、食べ方のアドバイスもいたします。